イラン議会で、「制裁解除のための戦略的措置」の全体的計画が承認

Japanese Radio 3 views
イランの国会議員らは、制裁の解除とイラン国民擁護のための全体的な戦略行動計画を承認しました。

イラン国会・国家安全保障外交政策委員会のアムーイー報道官が29日日曜夜、記者団に対し、「わが国と核合意を締結したヨーロッパの相手側が、この合意内の責務を履行しない場合、イランは2ヶ月以内に追加議定書の自発的な実施を放棄する」と表明しました。

アムーイー報道官は、同委員会の緊急会議において、制裁解除を目指す戦略的措置案が可決されたことに触れ、「この会議では、この法案の9つの条項およびその全体が、可決された」と述べています。

また、「法案の第1条に基づき、イランで年間に当たり20%濃度の濃縮ウラン120kgが生産、備蓄されることになる」とし、「また、イラン原子力庁は、第2条に基づき、ひと月当たり低濃縮ウラン500kgを生産、備蓄し、また第3条に基づき、新世代型の円心分離機IR6およびIR2Mを使用することを義務付けられる。また、同庁はイラン中部イスファハーンにある金属ウラン製造工場を稼働させている」としました。

さらに、「第5条にのっとり、イラン原子力庁には、イラン中部アラークの重水炉の改良・合理化事業と同時に、医療用放射性同位体の生産を目的に、新たにもう1基の40メガワットの重水炉を設計し、その稼働にかかる時間を議会に発表しなければならない」と語っています。

そして、「第6条ではイラン政府は、P4+1(仏、露、中、英および独)諸国が、核合意に定められたイランに対する責務の履行、銀行関係の正常化、イランの原油売買における障害の撤廃などを実行に移さなかった場合には、この法案の可決後2ヶ月以内に、追加プロトコルの自発的な実施を停止させることができることがこの法案で承認されている」と述べました。

アムーイー報道官はまた、「P4+1諸国が、制裁解除に向けた自らの責務を履行した場合には、イランは当法案の第7条に基づき、行った措置に関する報告書を国会に提出し、イラン国会はその問題への考えうる対応を検討する」としています。

また、「この計画の第8条と第9条は、それぞれこの法律の施行とそれへの支援、及び資金の確保は必須事項である」としています。

Add Comments