イランで初めて開発されたコロナワクチンが人体実感が実施

Japanese Radio 10 views
イラン人研究者により初めて開発・製造された新型コロナワクチンが、治験ボランティアへの接種により公開されました。

IRIB通信が29日火曜、報じたところによりますと、イランの研究所が製造したコロナワクチン「COVIRAN barekat」の臨床研究の初期段階としてのヒトへの治験が開始されました。

これまでに、イラン人6万5000人以上がこのワクチンの治験ボランティアに応募しており、第1段階では56人が接種を受けています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

Add Comments