東京都知事が臨時記者会見、「事態は大変厳しく、重要な局面にある」

Japanese Radio 10 views
小池都知事が臨時記者会見で、新型コロナウイルスの感染状況を「事態は大変厳しく、重要な局面にある」としました。

小池都知事は30日水曜、臨時記者会見し、「新型コロナウイルスの感染状況は大変厳しく、重要な局面にある」としたほか、東京都のモニタリング会議では「新規陽性者数は急速に増加している。医療提供体制はひっ迫している。それは危機的状況に直面している」とする専門家の指摘があったことを明らかにしています。

また、都内の感染者数について「1週間平均で700人を超えており、日々最多を更新している。現在のペースで増加すると2週間後には日々1000人を超えるペースで新規陽性者が発生していくことになる」とする具体的な数値を示しました。

そして、「さらなるに新たな課題」としてイギリスや南アフリカで確認された、世路感染力の高いコロナ変異種の感染者が日本国内で確認されたことに触れ、「危機管理の観点で直面している2つの未知」として、1つ目に変異種の出現、2つ目にコロナ禍で初めて経験する冬の寒さを挙げ、「私たちは、これらの未知の課題に対して最大級の警戒、そしてその備えをする必要があると考えている」と語っています。

さらに続けて、「東京は今非常に厳しい状況にある。かつてない大きさの所謂『第3波』が襲い掛かっている。そして、いつ感染爆発が起きてもおかしくない。さらに誰が感染していてもおかしくない。こう状況にあることを私たちは改めて確認しなければならない」と述べ、「年末年始のここで感染を抑えなければ、私たちはますます厳しい局面に直面する。そして緊急事態宣言の発出を要請せざるを得なくなる。こうした事態を是非とも、何としても回避しなければならない」として、国民に危機意識を持ち、感染拡大に協力するよう呼びかけました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments