東京・豊洲市場でマグロの初競り

Japanese Radio 9 views
豊洲市場で5日、初競りが行われ、一番マグロとなった208.4kgの青森・大間産のクロマグロには、2084万円の値がつけられました。

豊洲市場では、全国から出荷された海産物や青果などの2021年の初物が集結し、値がつけられました。

一番マグロは、2019年と2020年には1億円を超える値がつけられたものの、今年は新型コロナウイルスの影響が反映されたためか、かなり差がついた値段となりました。

コロナ禍で初めての初競りとなった豊洲市場の競り場では、常にマイクで3密にならないよう呼びかけられていました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments