墜落したインドネシア機のブラックボックスを特定 遺体の収容や捜索続く

Japanese Radio 6 views
インドネシア国家捜索救助庁は10日、首都ジャカルタ北部の海上に墜落した旅客機のブラックボックスの場所を突き止め、通信データを入手したと発表しました。

米CNNによりますと、国家捜索救助庁は、9日に墜落した、乗客乗員62人を乗せたスリウィジャヤ航空182便について、墜落現場から150~200メートルの範囲内で2個のブラックボックスが検出されたとしました。

国家運輸安全委員会のトップは同日、CNNに対し、コックピットボイスレコーダー(CVR)とフライトデータレコーダー(FDR)のブラックボックスをそれぞれ違う場所で突き止めたと語りました。いずれも断続的に発信している信号を検出し、場所を特定することが可能な状態だということです。

インドネシア国軍司令官も「ブラックボックスからの2つの信号を受信し、観測を続けている」と述べ、間もなく深さ23メートルの海底から回収できるとの見方を示しました。

スリウィジャヤ航空機はジャカルタからボルネオ島西部のポンティアナクに向かう途中、ジャカルタ北部の海上上空で現地時間の9日午後2時40分ごろ消息を絶ちました。

航空機追跡サイトの「フライトレーダー24」によれば、同機は離陸から4分後、豪雨の中で1分間足らずのうちに1万フィート(約3000メートル)急降下していました。

インドネシア海軍は、これまでに遺体の一部や機体の断片を回収したものの、10日の時点で機体の胴体部分はまだ回収していないとしています。

現場では、インドネシア海軍や警察、沿岸警備隊、運輸省が船舶や航空機を使って捜索を続けています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments