ブラジルが、中国製ワクチンの緊急使用を許可

Japanese Radio 3 views
ANVISAブラジル国家衛生監督庁が、中国製新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(Corona Vac)の緊急使用を許可しました。

ANVISAは17日日曜、中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術有限公司(シノバック社)が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」の緊急使用許可を出したことを明らかにしました。

これに伴い、同日にはブラジルで初の接種対象者が中国製ワクチンの接種を受けています。

今回の緊急使用許可を受けたのはコロナバックのほか、英オックスフォード大学と製薬会社アストラゼネカが共同開発した新型コロナウイルスワクチンです。

ブラジルのパズエロ保健相は同日、ブラジル空軍が18日から各州にワクチンを配分する予定であると表明しました。

現在、ブラジルではコロナ感染再拡大により状況が深刻化しており、同国保健省が17日に発表したデータによりますと、同日ブラジル国内では3万3040人の新規コロナ感染者が確認されたほか551人が死亡したということです。

また、同データではブラジルでの累計感染者数は848万8099人、死亡者数の合計が20万9847人となっているほか、回復者数が741万1654人に達したとされています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments