シンガポール初の人工授精で誕生のライオン、順調に成長中

Japanese Radio 3 views
シンガポールで、同国の動物園で初めて人工授精で誕生した「シンバ(Simba)」という名の赤ちゃんライオンが飼育されています。関係者らが26日に明かしたところによると、シンバはでライオンだという。

関係者らが26日に明かしたところによりますと、この雄ライオンは、米ウォルト・ディズニーの映画『ライオン・キング』の主人公にちなんで命名されました。

人工授精によるライオン誕生は世界でもまれで、2018年に南アフリカで2頭の子ライオンが生まれたのが世界初とされています。

国際自然保護連合によれば、過去20年間に野生ライオンは40%以上減少し、現在残っている成体数は2万3000~3万9000頭とみられています。IUCNはライオンを「危急」種に指定しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments