イラン原子力庁「イランの20%濃度のウラン備蓄量が55キロに到達」

Japanese Radio 6 views
イラン原子力庁のキャマールヴァンディー報道官は、高性能の遠心分離機の使用により、イランの20%濃度の濃縮ウランの備蓄量が55キロに達したことを明らかにしました。

キャマールヴァンディー報道官はIRIB通信のインタビューで、国会が承認した「制裁解除に向けた戦略的措置法」に触れ、「この法の重要な部分は、年間120キロの20%濃度の濃縮ウランの製造に関するもので、現時点までに既に55キロが製造されており、このスピードで行けば8ヶ月弱で目標達成が可能である」と述べました。

また、「現在、わが国の20%のウラン濃縮の製造率は、核合意の前よりも非常に高い」としています。

同報道官はさらに、「第6世代の遠心分離機IR6は、第1世代遠心分離機の8倍の能力を有する」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments