中国の今年の第1四半期の貿易総額が前年同期比で29.2%増

Japanese Radio 6 views
中国の税関総署が、同国の今年第1四半期の貨物貿易総額は前年同期比29.2%増の8兆4700億元(約141兆4600億円)だったことを明らかにしました。

中国国際放送CGTN・日本語放送が14日水曜、中国の税関総署が13日に発表したデータとして発表したところによりますと、今年の第1四半期の中国の貨物貿易総額は前年同期比29.2%増の8兆4700億元(約141兆4600億円)とされています。

そのうち、輸出は38.7%増の4兆6100億元で、輸入は同19.3%増の3兆8600億元となっており、貿易黒字は同690.6%増の7592億9000万元だったということです。

これについて、税関総署の関係責任者は「全体的に見れば、今年に入ってから中国の対外貿易の動きは回復的な成長を維持しており、プラスの要素が増加し続けている。その一方では、新型コロナウイルス感染症は今も全世界で流行しており、世界経済の情勢は依然として複雑で厳しく、貿易の先行きが多くの不安定で不確定な要素に直面していることにも目を向けるべきだ」とコメントしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments