インドのコロナ感染状況、実際は公式統計よりはるかに深刻か

Japanese Radio 21 views
インドの新型コロナウイルスへの感染の実態が、公式統計よりはるかに深刻である可能性が浮上しています。

米CNNによりますと、新型コロナウイルスが猛威を振るうインドで、昨年流行が始まって以来、正式に報告された感染者の累計数は1760万人超となっていますが、専門家によると、実際の数字は最大でその30倍の5億を超えている可能性があるとされています。

インドの保健当局や専門家は以前から、インフラの不備や人為ミス、検査の低調などを理由に、新型コロナの感染者や死者は大幅に過少報告されている可能性があることを指摘していました。

その後、第1波を受けて検査数が大幅に増えるなど、多少事情は変わったものの、現在第2波に覆われているインドの現実は、公式統計よりはるかに深刻な状況にあると見られます。

インド首都ニューデリーのCDDEP疾病動態経済政策センターのラマナン・ラクスミナラヤン所長は、「昨年の我々の推計では、検査で感染が把握できているのは約30例中、1例のみだった。従って、報告された症例数は、真の感染者数よりはるかに少ない。現場での死者は、公式に報告されているよりはるかに多い」とコメントしています。

また、「コロナによる死亡を免れた家庭があるとは思えない」「私が考えられる限り、全ての家庭に亡くなった人がいる」としました。

米ワシントン大学保健指標評価研究所の予測モデルによりますと、インドの1日当たりのコロナ死者は5月半ばまで増え続ける見通しで、ピーク時には1日の死者が現在の4倍を超す1万3000人を超える可能性もある、ということです。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments