150年の歴史を持つ断食月の甘い風物詩;ズールビアーとバーミエ

Japanese Radio 11 views
イランではイスラム教徒の断食月であるラマザーン期間中、その日の断食終了後の食卓には、このシーズンの風物詩ともいえる菓子であるズールビアーやバーミエが登場します。

ラマザーン期間中に最も多く流通する菓子の歴史は、今からおよそ150年前、ガージャール朝の国王ナーセロッディーンシャーの時代にさかのぼり、同王はこの菓子に大変注目したということです。

今日、この菓子の製造工程は伝統的な方式から脱却して、最新鋭の機材により行われます。

現在、この菓子は特に西アジア地域、アフリカ、南アジアをはじめとする世界各地で、ラマザーン期間中に特に人気のある菓子となっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments