福岡の118歳ランナーが、コロナ懸念で聖火リレーを辞退

Japanese Radio 11 views
世界最高齢としてギネス世界記録に認定されている福岡市東区の田中カ子(かね)さん(118)が、東京五輪の聖火リレーのランナーを辞退しました。

田中さんは、5月11日に福岡県志免町で予定されている聖火リレーで、親族が押す車いすに乗ってランナーを務めることになっていました。

しかし、田中さんをランナーに推薦した日本生命は先月末、入所する施設で新型コロナウイルスの感染が広がることなどを心配して田中さんが辞退を申し出たことを明らかにし、近く組織委員会にも辞退を伝えるとしていました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments