WFPがイスラエルによる攻撃受け、ガザ支援継続予算を要請

Japanese Radio 4 views
シオニスト政権イスラエルによるパレスチナ・ガザ地区への攻撃を受け、WFP国際連合世界食糧計画が、同地区への支援継続のために追加予算を要請しました。

フランス通信によりますと、WFPは17日月曜、イスラエルによるガザ地区、ヨルダン川西岸、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムへの攻撃を受けて、今後6ヶ月間のガザ地区とヨルダン川西岸のパレスチナの人々への支援を続けるために、4600万ドルの追加予算が必要となっていることを発表しました。

シオニスト政権軍は、ガザ地区とパレスチナの人々に対する非情な攻撃と侵略を、今月10日から開始しました。

パレスチナ保健省は最新情報として、この一週間のシオニスト政権イスラエルによるガザ地区、ヨルダン川西岸、聖地のパレスチナ住民への攻撃により、218人が殉教し、少なくとも5604人が負傷したと発表しています。

パレスチナ抵抗組織も、シオニストの侵略とガザ地区への攻撃継続に報復するため、占領地へのミサイル攻撃を行っています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments