パレスチナとの世界的連帯が継続

Japanese Radio 3 views
パレスチナ・ガザ地区でのパレスチナ勢力とシオニスト占領政権イスラエルとの停戦合意から2日が経過した今、世界各地の人々が集会やデモ、ネット上でのキャンペーンの開催を通じてパレスチナ国民との連帯を表明しています。

シオニスト政権によるヨルダン川西岸およびガザ地区のパレスチナ人への攻撃は5月10日から始まりました。21日金曜、シオニスト政権の内閣から、イスラエル軍がこれ以上パレスチナ抵抗勢力に対抗する能力がないことを理由とした停戦要請が出されたことを受け、一部の外国による仲介および、抵抗組織の同意によりこの戦争は終結しました。

今回の攻撃により、子ども69人、女性39人、高齢者17人を含む248人のパレスチナ人が殉教し、1910人が負傷しました。

レバノン・イラク各地の人々は、パレスチナ国民への連帯の表明およびシオニスト政権への勝利を祝うため通りへ繰り出しました。

イギリスの首都ロンドンや米テキサス州のエルパソ、ニューヨーク、シカゴ、ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、カナダ・トロント、ボスニアの首都サラエボ、北部ビルバオをはじめとしたスペイン各地、リビア・トリポリ、セネガルの首都ダカール、オーストラリアのメルボルン、アデレード、ブリスベン、シドニーの各地、スウェーデンの首都ストックホルム、東京といった都市で、パレスチナ国民への支持とイスラエル占領政権の犯罪を非難するデモが開催されました。

アゼルバイジャンのソーシャルメディアユーザーたちは、ガザでの抵抗運動の勝利および停戦と同時に喜びを表現しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments