ホッラムシャフル解放記念日

Japanese Radio 8 views
イラン暦ホルダード月3日は、イランの戦士たちはイラクの当時のサッダームフセイン政権軍からホッラムシャフルを奪還した記念日であり、1980年代のイラン国民の聖なる防衛時代の名誉のひとつとされています。

どの国の歴史においても、その偉大さと重要性が常に人々の記憶に残り続けるような大きな出来事があります。イラン暦ホルダード月3日は、イランの戦士たちはイラクの当時のサッダームフセイン政権軍からホッラムシャフルを奪還した記念日であり、1980年代のイラン国民の聖なる防衛時代の名誉のひとつとされています。

 

24日月曜は、イラン暦ホルダード月3日にあたり、1982年のイランイラク戦争中にホッラムシャフルを解放した記念日であり、イランの暦において、「抵抗、献身、勝利の日」と名づけられています。

ホッラムシャフルは、イラン南部のフーゼスターン州の歴史ある港で、イランイラク戦争の開始直後に戦略的な目標として、サッダーム政権によって注目されました。ホッラムシャフルの占領は、サッダーム政権にとって戦争の勝利を握る鍵のような存在で、侵略者の次の目的にとって、戦略的な重要性を有していました。このため、サッダーム軍は、イランの民兵の勇敢な抵抗から34日目に全力をかけて、ホッラムシャフルの港を占領し、それが戦争における彼らの次の勝利の足がかりとなるようにしました。

サッダームフセインは、もしイランがホッラムシャフルをイラクから奪い返すことができたら、イラクのバスラをイランに与えると約束しました。ホッラムシャフルが占領されていたのはわずか19ヶ月で、ベイトルモガッダスと呼ばれる作戦は、イラクの政権の支援者や敵の軍事的な計画を打ち破り、イランイラク戦争の運命に新たな状況を生じさせました。侵略者はこの作戦で手痛い敗北を喫した後、それを挽回しようと、別の道から侵略を続けました。

戦争の裾野の拡大とペルシャ湾地域の情勢不安、イラクへの化学兵器の移送を通じたアメリカの参戦、ペルシャ湾のイランの石油タンカーや石油プラットフォーム、石油を輸出する港への攻撃は、イラクの有利になるようにとられた措置でした。ホッラムシャフルの解放は軍事的な勝利だけでなく、サッダームの夢の宮殿を一気に崩壊させることになりました。

ホッラムシャフルの英雄伝は、イラン国民にとっての永遠の名誉である一方で、イラン国民の敵にとって永遠の教訓となっています。ホッラムシャフルの解放は、抵抗と信仰、団結により自らの権利を守ろうとした国民が敵に勝利するということを示しました。今日、ホッラムシャフル解放記念日は敵に対するイラン国民の抵抗を思い起こす日です。ホッラムシャフルの解放は実際、困難の中での忍耐と、頂点に達するための抵抗の結果です。

ホッラムシャフルはイラン国民にとって、一つの町、ひとつの港ではなく、献身、抵抗の歴史なのです。ホッラムシャフルの解放という英雄伝は、軍事的にも、文化的にも、イスラム革命の歴史における重要な転換点であり、イラン国民の反覇権主義の精神は今日これまでよりも強くなって成長の道を歩んでいるのです。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments