東京五輪選手村オープンにIOC会長、 「過去最高に準備整った」

Japanese Radio 5 views
IOC国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長が、東京五輪の開会式を10日後に控えてアスリートの選手村入りが開始された中で、東京都について「過去最高に準備が整った」開催地であると称賛しました。

フランス通信が13日火曜、報じたところによりますと、前週に来日して3日間の隔離期間を過ごしたバッハ会長は同日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の橋本聖子会長に対して、「組織委は素晴らしい仕事をしている」と述べています。

さらに、「あなた方は東京を過去最高に準備が整った五輪開催地に仕上げてくれた」と称え、「我々全員が直面している難しい状況を踏まえれば、より一層並外れたことだ」と語りました。

東京五輪の選手村はこの日オープンを迎え、アスリートの第1陣が入村を開始しているものの、五輪ではおなじみの光景となっている歓迎セレモニーやメディア会見などは行われず、また組織委は入村したチームや選手の人数などは明らかにしていません。

新型コロナウイルスの厳格な感染対策により、アスリートが入村できるのは競技開始の5日前からとなっており、また競技終了後48時間以内に退去しなければならないことが定められています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments