ローマ法王が、仏カトリック司祭の未成年虐待問題に「教会の恥」

Japanese Radio 17 views

ローマ教皇フランシスコが、フランスでカトリック聖職者による多数の未成年者らへの性的虐待が明らかになった問題に関し、「教会の恥だ」としました。

フランス通信によりますと、ローマ教皇は6日水曜、「フランスのローマ・カトリック教会での道徳的な不祥事に関して、恥を表明する」とし、洞教会に対し、こうした事例の再発防止に全力を挙げるよう求めています。

フランスのカトリック教会での性的虐待問題を調査した独立委員会の報告では、過去70年間で被害者が推計約33万人に上ることが判明しています。

独立調査委員会を率いるジャンマルク・ソヴェ氏は5日火曜、CNNに対し、この70年間、フランス・カトリック教会の計11万5000人の司祭や聖職者のうち2900~3200人が児童を虐待していた証拠を入手した、と表明しています。

2,500ページにわたる報告書は、教会のアーカイブ、裁判所や警察の記録、および証人へのインタビューによる2年半の調査の後に収集されました。

近年、ヨーロッパとアメリカのカトリック司祭による性的暴行問題は、バチカン市国に対する批判の波を引き起こしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

Add Comments